H20 1993年~episode4(番外編)一旦話は現代へ

H20 1993年~episode4(番外編)一旦話は現代へ

2021-05-25 0 投稿者: katsu

ここの書き込みは主に1993~1994年です。自分がMacintoshを使い始めたのはこの2~3年前の事。

使い始めの頃Macintoshはとにかく高かった、今でもアップル製品はWindows互換機より高いですが、ソフトや周辺機器も恐ろしく高かった。またカラースキャナーやカラープリンターなども本当に出始めだった事もあり高かった。

最初(30年ほど前)に購入したこれらはHP製。スキャナーもプリンターも10万円を軽く超えていたのでこれら揃えるのも、個人ではかなり負担が大きかったです。

月日は流れ、先日プリンターが故障しました。故障したプリンターは安価な物で、スキャナーやカラーコピーにも使えるいわゆる「複合機」というタイプ。もう15年ほど前から仕事のやり取りは全部NETで完結していたので高価で高解像度のプリンターを所有する意味も無く、この安価な「複合機」を使用していました。

そのプリンターもほとんど使用しなくなってしまいインク目詰まりがひどく、ついには完全に詰まってしまう。なきゃ無いでやはり不便なので、また安価な「複合機」を購入することになった。

HP プリンター HP ENVY 6020 ¥13980-

  • 機能:プリント、コピー、スキャン、無線LAN、自動両面印刷
  • 最高解像度:4800×1200dpi インク: 4色(黒・カラー3色一体型)
  • 対応用紙サイズ:A4、A5、A6、B5、封筒(長形 3号/4号)、はがき、10×15cm、L判、2L判など
  • 給紙容量:普通紙 100 枚、はがき 40 枚、封筒 5 枚、L判 40 枚
  • 接続:USB 2.0 × 1、Wi-Fi 802.11b/g/n、dual band wifi(2.4/5Ghz)

なんと!¥13980-!!オールインワンなので当時2台必要だった物が全部込みで1/10の価格です。当然印刷性能もスキャン性能も比べ物にならないくらい良いし、用紙も全面トレー収納出来、当然ながらWIFIでつながるので、他のPCやスマフォでも使えます。

まさか又HPに戻るとは思わなかったw。今仕事の波も当時の感じに近い盛り上がりを見せているので、これは自然の流れかな??と。

前のepisodeへ